DA SASINO ダ・サスィーノ

DA SASINO ダ・サスィーノ

Winery

| ワイナリー |

ワインの生産量は年間約1,000本
まだまだ小規模だけど、実力は確か
今後見据えるのは、世界

ワイナリーの写真
ワイナリーの写真

究極の地産地消、自給自足
ファットリア・ダ・サスィーノ

ファットリアとはイタリア語で農場を意味する。ワインはもちろん、様々な野菜やハーブを育てているので、醸造所にはこのように名付けた。自給自足、と一言でくくってしまうのは簡単だが、自然は一筋縄でいくものではない。農園での種植え、雪解けの土を耕す。種を植え、育てる。自家製のワイン用のブドウの手入れをする。紅葉が始まる頃にはスタッフ総出でブドウを収穫し、ワインを醸造する。ラベリングし、初めてお客様に届きます。

ワイナリーの写真

弘前「弘前ネッビオーロ」で
世界をめざず

年々注目度の上がる「弘前ネッビオーロ」。青森、弘前はもちろん、関東方面でもその評価は高い。見据えるのはもちろん世界一。多くのワインラバーから愛されるこのワインが、世界に名をとどろかせる日も遠くはないと確信している。

  • お酒の写真
  • お酒の写真
  • お酒の写真
  • ワイン
  • 樽と人

Vineyard

| ぶどう畑 |

岩木山のふもと、のびのびと育つぶどう
ルーツとなったイタリアの地に津軽弘前は似ているかもしれない

ぶどう
ワイナリーの写真

岩木山の麓
最高のロケーションで最高のワインを

現在畑は1.4ha広さ。ネッビオーロという品種を主に扱う。ネッビオーロは「ワインの王様」と呼ばれるワインにも使用される。

ネッビオーロは日本での生産量はまだまだ少なく、ここの知名度が上がれば、結果世界からの注目も集まるのではないか。弘前への恩返しの意味も込めて、ワインと向き合う日々。

ワイナリーの写真

弘前を世界一の
ワインの産地へ

2010年にワイン醸造をスタート。弘前市を「ハウスワイン特区」にすべく自ら行動。前例の無いワインづくりに苦戦しつつも、今では高い評価を受けている。

ネッビオーロ、メルロー、マルヴァジア、シャルドネマルヴァジア、黒ブドウ…猛暑や台風、時には小さな天敵コガネムシと格闘しながら、弘前から世界を見据えている。

  • ぶどう
  • ぶどう畑
  • ぶどう
自家製ワインネッビオーロとシードルの製造販売Fattoria Da Sasino オンライショップはこちら
卸しをご希望の業者様はこちら

accsess

ファットリア・ダ・サスィーノ
FATTORIA DA SASINO

ファットリア・ダ・サスィーノでは自家製ワインネッビオーロとシードルを製造販売しております。

青森県弘前市大字高屋字安田185

TEL.&FAX. 0172-26-6368

Mail. fattoria.da.sasino@gmail.com