Capocollo  fatto in casa

自家製生ハム、奥入瀬ガーリックポークのカポコッロ。

ガーリックポークは粉末化したにんにくを与え、抗酸化作用により、出荷前2ヶ月は抗生物質は添加しないという、かなり安心な青森県産食材。その肩ロースを塩漬けし、スパイスをまぶし、じっくり丁寧に熟成させて、サスィーノでは提供しております。005

国際チーズコンクール2015

6月8日、フランス・トゥールで行われた国際チーズコンクールに弘前チーズ工房(カゼイフィーチョ・ダ・サスィーノ)のジャージーモッツァレッラとジャージーブッラータを出展致しました。

600を超えるチーズのエントリーが有りましたが、当ジャージーモッツァレッラがパスタフィラータ部門でなんとブロンズ賞を獲得致しました。モッツァレッラやブッラータは鮮度が命で、日本からの長距離輸送は相当不利な状況の中の入賞は非常に価値のある事だと思います。

7年前からひっそりと独学で始めたモッツァレッラが、まさか国際コンクールで銅メダルを獲得するまでになるとは夢にも思わなかったです。

生産者のアビタニアジャージーファームさんに心より感謝致します。2年後のコンクールにも出展出来るよう精進して参ります。今後ともよろしくお願い致します。026

Lardo di Cavallo

弘前の馬肉のたてがみでラルドを作ってみました。

中がほんのり乳白色でホタテのよう。

豚や猪よりも融点が低く、口の中でふわっと溶けそうな食感をお楽しみ下さい。

???????????????????????????????

カードを加熱し、乳酸発酵を途中で切ったプレスなしのチーズですが、今までと違い皮がしっかり形成されてます。熟成は20日。よく売っていそうな普通のチーズっぽいですが、ジャージーの高い脂肪分のおかげでたっぷりのコクですが、皮のかたい食感がアクセントになり食べ飽きない。味見のつもりが半分位食べてしまいました。フォルマイ・ディ・ムットに近い感じ。

今年、チーズ作りは結構進歩が見えそうです。

 

 

???????????????????????????????

作るぞ自家製チーズ

 

なんやかんやで色々試しておりますチーズ製造。

ジャージーミルクに生クリームを加えた自家製の非加熱チーズ。

高脂肪由来のコクと、長い乳酸発酵による酸味が良いバランス。

30日の熟成。

 

???????????????????????????????

Formaggio al Tartufo

自家製のトリュフ入りチーズがそろそろ。

最初に優しいトリュフの香りが感じられ、少しあとにチーズの酸とコクがのってくる。

そこに空かさずネッビオーロを流し込むと心地良し。

 

008